専業主婦キャッシングの金利

カードローンの金利とは

 

専業主婦

カードローンの金利とは、お金を借りるあなたが、お金を貸し出してくれる銀行に支払う料金です。

それを年率に換算したものとなります、いいかえてみれば金利とはお金を借りる値段だといいかえれます。

たとえば、50万円を年利5%で借り入れたとして、1か月で返済したとしたらどうなるでしょうか?

金利の計算式はこのようになります、50万円 X 5% X 12分の1=2,083円です。

一か月なので、年利5%に一か月分の、12分の1をかけるわけです。

これは金利分だけですから、一括で返済するとしたら元金の50万円と金利分2,083円を払う必要があります。

ローンの返済は分割返済が多いので、初月の金利が2,083円と、分割で払う元金が2万円としたら合わせて22,083円となりますね。

2か月目は元金が2万円少なくなっているので、金利はこのようになります、、48万円 X 5% X 12分の1=2,000円です。

 

カードローンの金利の種類

 

カードローンの金利には、3通りの表し方があります、一日単位で計算する日歩、一月単位で計算する月利、

一年単位で計算する年利があります。通常年利が使われております。

 

 

カードローンの金利は他のローンなどに比べ高いのか安いのか?

 

銀行系カードローンはほかの消費者金融のキャッシングに比べて、貸出金利がお安く設定されています。

もしあなたがクレジットカードローンとか消費者金融のキャッシングを利用していましたら

いちどその金利はどのくらいになっているのかを調べてみたほうがいいでしょう。

消費者金融は借りやすく手軽ですが、その分貸出金利が結構高く設定されていて、

金額が大きかったり、長期間にわたって借入したりした場合金利分だけでも

かなりの額になってしまいます。銀行系カードローンで融資を受けて消費者金融から

借りている分を返済してみるだけでも長期間で考えてみればだいぶ違ってくるはずです。