専業主婦キャッシングの審査基準

カードローンの審査基準が知りたい

 

 

専業主婦

専業主婦が銀行系カードローンでお金を借りる(キャッシングする)ことができます。

専業主婦であって、少しでもパートかアルバイトなどしていて働いていれば一定の収入が

あるわけですから多くの消費者金融会社や銀行系カードローン

でお金が借りる(キャッシングする)ことができます。

完全な専業主婦で、仕事をしていなくても(家事とという仕事はしているのですが・・・)

銀行系カードローンだけはお金を借りる(キャッシングする)ことができます。

条件が一つだけあって、それはご主人さんが仕事をしていて一定の収入があることです。

銀行系カードローンは総量規制という金融の法律の枠外のため、ご主人の同意書だとか

ほかの色々な書類が必要でなく、旦那さんにも内緒で借りることができます。

ご自身を証明する、運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか1点は必要になります。

申し込みをされるご本人が過去において、クレジットカードやいろいろなローンの返済が滞っていたりして、

金融的な信用度にキズがついていた場合借り入れは難しかもしれませんね。

 

借入金の使用目的はなに?

 

銀行系カードローンの申込書の中に、借入金の使用目的を書く欄ががあります、本当であっても

ギャンブルのため、とか書いたら、貸し出す側の銀行はどのように思うでしょうか?

どなたが考えてもまずいですよね、お子様がいらっしゃれば、子供の教育資金に充てるとか

書いてあれば、受けはいいと思います。

 

住宅ローンやマイカーローンとの関係は?

 

銀行系カードローンの場合、住宅ローンがあったり、マイカーローンがあっても影響することはありません。

カードローンを利用していたりして、これから新たに住宅ローンやマイカーローンを組んだりする場合

申し込みをする銀行から、カードローンの全額返済や解約を求められるケースはあるみたいです。

ご主人には内緒でカードローンを組んでいた場合、新たにご主人名義で住宅ローンやマイカーローンを

組む時には奥様のカードローンは申請する必要はありません。